チャットレディが必要経費として落とせるもの

▼驚くべき必要経費の数々・・・通信費や家賃まで

チャットレディは女性の在宅ワークの中でも人気が高く、収入も高いものになります。また、この仕事の性質として、様々な道具と言った準備(経費)が必要になるという点があります。準備不要で誰でもすぐに始められます、と言った一般的な在宅ワークとは毛色が違うのです。
しかしながら、チャットレディがコスパの悪い仕事かと言えば、そういうわけではありません。税金を支払う段階できちんとした申請を行えば、これらの代金は「必要経費」と計上され、納税額を減らすことができるのです。納税と聞くと、審査が厳しくてほとんどのものは経費として落としてくれなそうな印象を受けるかもしれません。別に審査基準が緩いわけではありませんが、中には「こんなものまで!?」と思うようなものも含まれていますから、知っておいて損はありません。
例えば通信費(ネットの接続代)やコスプレ衣装、携帯代やウェブカメラなど、仕事で必要になる周辺機器や衣装・化粧品などはすべて必要経費として落とすことができます。その他にビタミン剤やサプリメント、目薬、マッサージオイルなどの心身のケアに必要となるものや、光熱費や家賃、会員様のお土産代まで経費として落とせます。

▼申告のためにレシートはマメに保管が原則

もちろん、何もしなくてもこれらが自動的に必要経費として落とされるわけではありません。これらを経費として落とすためには、確定申告の時点で様々な手続きが必要になります。
その際に絶対に必要となるのが、これらを購入(もしくは支払い)したという記録、つまりはレシートや領収書になります。確定申告(青色申告という申告をします)の際にこれらの記録を提示し、これらを必要経費で落とせるかどうかを税務署が審理するわけです。実際に落とされるかどうかは審査してみないとどうとも言えない部分がありますが、記録がなければ落とされる可能性はゼロですから、仕事関係で出費をした場合、そのレシートは必ず残しておくのが賢明です。地道でマメな仕事になりますが、この辺りはきちんとやっておかないとかえって損をしますから気を付けましょう。

男性の前でいかに自分の魅力をアピールするかというのがこの仕事の肝になるわけですが、計画的に稼いで行こうと思うのなら、このような地道な「内職」もコツコツとこなしていく必要があります。お話し好きな人の中にはこういうマメな作業が苦手も人もいるでしょうが、こういう部分を怠ると、必要な収入を得るためにかえってたくさん働く必要も出てくるでしょうから、面倒くさがらずに頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました