チャットレディは親の扶養を抜けるべきか、活用すべきか

▼抜けるなら思い切り抜ける方がよい

chatlady_ws50

親の扶養に入っている人(例えば主婦)がチャットレディを始める場合、一年での収入が38万円を超えると扶養から外れてしまいます。抜ける・抜けないが良いことなのかどうかというのは個人の問題なので一概には言えません。ですが、客観的に見た時に、どちらの選択にもメリットとデメリットがあります。

抜けるときのメリットとしてあるのは、なんといっても収入が多いこと。確定申告など、税金の心配をしなくてはならなくなるとは言っても、全体的に言ってその収入はかなりのものになります。38万円を超える場合、その金額が50万とか、そのくらいでとどまることはなく、基本的には100万円単位の年収になると考えてよいでしょう。

デメリットとしては、それだけの稼ぎをしますと徴税も生じますし、そうなると内緒で働くことが難しくなってしまうということです。あまり世間体の良い仕事とはいいがたい部分があるチャットレディ。この点がネックになるようで、隠し通すのが難しいのであれば、収入を上手にコントロールして、38万円を超えないようにするのが無難でしょう。主婦の場合は夫に内緒で働いている場合もありますから、注意が必要です。

この点を知らないでうっかり38万円を超えてしまうと、気づかずに税務署から書類が届いてそれが旦那に見つかって、なんてことになるかもしれません。

▼税がない代わりに人気も出ないのがつらいところ

一方、抜けない時のメリットとしては、納税を気にしなくていいことでしょうか。扶養から外れる必要が無く、かつ控除も生じませんから、稼いだ金額を気兼ねなく使うことができます。また、労働力もそれほどのものではなくなりますから、趣味や子育てなど、他の活動にきちんと時間を使うことができるでしょう。人に内緒で38万円使うことができると考えれば、そう悪い収入ではありません。

デメリットとしては、やはり収入が低くなってしまうと言うことでしょう。38万円と言うと大金ですが、それが年単位のものと考えればやはり物足りなさが残ります。例えば、その額で生計を立てるのは不可能ですし、そうなると副収入として機能するのか疑問が残る部分があります。

また、人気がものを言う仕事であるチャットレディの場合、この収入での就労(つまりチャットを通しての男性との会話)で指名が入りやすいかと言えば、そうとも言えないでしょう。少なくとも固定客が集まる可能性は低いと考える方が無難だと思います。

そうなれば待機の時間も延びるでしょうし、この手の仕事に特有の「自分は好かれている」という優越感・充足感も味わえないと言えます。この収入で仕事としてのやりがいを感じるのはちょっと無理があるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました