チャットレディって怖い仕事なの?

▼業者自体はそこまで怖いわけではない

経験したことがない女性にとって、チャットレディという仕事は未知の部分が多い仕事です。男性であれば、興味本位で少しサイトをのぞいたりしたこともあるかもしれませんが、女性にはない経験だと言えるでしょう。まったく知らない業者で、しかもいわゆる「風俗」のようなイメージの仕事を始めるわけですから、事実がどうであれそこに恐怖を覚えるのは人間として自然なことかもしれません。
結論から言えば、良心的な業者をきちんと選べば、チャットレディ自体は怖い仕事ではありません。「怖い」というのが何を指しているのにもよりますが、仕事内容とか、業者の性質か、そういう内側の面に関して言えばそれで問題はありません。大抵の業者は初心者に対して積極的に指導をしてくれますし、相談に対しても前向きに聞いてくれます。また、納税やプライバシーの保持と言ったこの仕事独特の問題についてもきちんとケアしてくれますから、職場環境としてはむしろ整っているくらいで、女性の待遇に関しては、大事にしてくれるところが多いです。

▼恐怖は業者の外にある
chatlady_ws5

とはいえ、これは内側の話であって、外側、つまり顧客との関係に関して言えば、ある種の「怖さ」があると言えるかもしれません。簡単に言ってしまえば、悪質な顧客との会話をしなくてはならないこともある、ということです。
卑猥な要求をしてくる顧客、個人情報を知りたがる顧客、サービスの枠を超えた要求をしてくる顧客と、「悪質」にも色々あります。基本的に、そういう顧客に対しては「拒否」の姿勢を示して良いというのが業者側の見解であり、指導でもあるわけですが、実際に体面した時にそれができるかどうかは、相手の悪質の程度とレディ自身の気持ちの強さや技量次第な部分があります。顧客の男性とチャットしているのは業者の社員ではなくて女性自身なのですから、そこは毅然とした態度が求められるところです。
それ以外のところで言えば、自分の身の回りの人との関係にも怖さがあるかもしれません。チャットレディをしていることを秘密にしている方の場合、周囲にバレる恐怖と常に戦わなくてはなりません。色々と工夫を凝らせばばれにくくすることはできますが、可能性をゼロにすることは仕事の性質上不可能です。かといって、あまりにも自分をさらすことを恐れてしまえば、今度は人気が出なくなったり稼げなくなったりしてしまいますから、バランスを取るのが難しいところでもあります。あまりに臆病でも問題がありますが、この点に関して無神経すぎても困るわけです。「対人関係に難しさのある仕事」だと言うことを念頭に置き、怖さに負けないように頑張って行きましょう。

タイトルとURLをコピーしました