タイピングが苦手ですが、チャットレディの仕事内容は可能でしょうか?

タイピングが苦手でも、チャットレディのお仕事は問題なく出来ます。というより、タイピングの出番はほとんどないと考えた方がいいくらいです。チャットレディの男性との会話は、タイピングではなく、ほとんどマイクで行われます。やはり男性としても、文字でも会話よりも、チャットレディの声を聞きたいと思っているからです。

chatlady_ws55

もちろん、中には声を聞くよりも文字での会話をしたいというような、タイピングが好きな男性もいるかも知れません。そうした男性が相手の時には、タイピングが必要になりますが、事前に「タイピングは苦手ですけど、大丈夫ですか?」というような確認を取れば大丈夫です。男性も、多少チャットレディのタイピングが遅くても待ってくれます。むしろ、男性のタイピングの速さを褒めれば、男性としてはいい気分になれるでしょう。

また、それでも無理なくらいタイピングが苦手ということであれば、待機画面やプロフィールに表示される挨拶の部分で、「タイピングが苦手なので、マイクのみでお願いしています」という内容の表示をしておけば、そうした男性のみが来てくれるので問題ありません。基本的にライブチャットというのはマイクで行うものですから(女性側は)、こうした内容を挨拶に書いておくことは、特にマイナスにはなりません。

タイピングは苦手だけどマスターしたいという熱心な方には、顔文字の駆使をおすすめします。というのは、チャットレディの場合、長い返信を正確にできなくても、男性が書いた内容に合わせて「すごーい!」などのリアクションを少々大げさに取ることが出来れば、それで十分だからです。

その時、可愛らしい顔文字があると、いかにも女性と会話をしているという気分を味わうことが出来、男性としてはとても楽しくなります。なので、可愛らしい顔文字をすぐに打ち出せるよう、沢山登録しておいて、それらを駆使するといいでしょう。これであれば、タイピングが苦手でも、十分タイピングによって男性を喜ばせることが出来ます。

逆にタイピングが得意という人は、もちろんそれは喜んでいいです。特にメールの送受信のみでもお給料が発生するライブチャットの場合、そのタイピングの技術は大活躍するでしょう。メールのやり取りをする男性会員を沢山抱えておけば、暇な時にその人たちにまとめて返信をするだけで、それなりのお金を稼ぐことが出来ます。なので、タイピングが得意という人は、それをうまく活用するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました