緊張しいのチャットレディ必見!顧客との会話が弾むコツ

▼画面の前でもどもってしまう・・・

chatlady_ws44

チャットレディに挑戦しようと思う人の中にも人前で話すのが苦手な人、緊張してしまう人もいます。初対面の相手(特に異性)の目を見て話すことができず、ついついうつむいてしまったり声がどもってしまったり。それを自覚すると途端に顔が赤くなってしまったりと、人見知りで失敗した経験がある人もいるのではないでしょうか。

相手と会話をするのが仕事になるわけですから、最初の数回はそれで仕方がないにしても、回数をこなしていくうちに慣れていかなくてはやっていけません。とはいえ、なかなか克服できない人が多いという実情もあるようです。
少しずつ自分を出していくのが肝心

相手がよほどの話好きでもない限り、基本的にはチャットレディの方から話題を広げていかなくては相手の男性を楽しませることはできません。また、本番であまりにもどもってしまうようでは、不快感を抱かせてしまうこともあるでしょう。

まだ自信がないうちは顔出しをNGにする、文字だけのチャットにするなどして徐々に鳴らしていくのが理想的です。基本的には信用が重要となる仕事ですから、あまり無理をせずに少しずつ慣らしていくというのが一番良いのではないかと思います。チャットレディをしている人の中には、「仕事の間だけは人見知りが治る」というたくましい女性もいますから、諦めずに根気よく取り組んでいきましょう。

▼克服しないのも一つのテク!?

しかし、それを逆手にとって男性の心をつかむのも一つの手です。男性の中には女性の初々しい雰囲気とか弱々しい感じが好きな人もいます。男性独特の世話好き本能(?)とでもいうものがくすぐられるのでしょう。あまりしっかりした応対をしてしまうと、却って「つまらない女だ」と思われてしまうこともありえます。

演技ではできない、経験不足でぎこちない仕草ややり取りが、却って男性の気を惹くということもあるでしょう。この子は話すのが苦手なんだな、自分みたいな奴が指名しないとやっていけないだろう。そんな風に思わせるのも一つの話術です。そういう男性は自分から積極的に話してきますし、後は聞き役に徹して聞かれたことだけに応えていれば、それだけでもある程度相手を満足させることができます。

ですから、あまり人見知りであることを気にしすぎてもいけません。自分にどこまでできるかというのをきちんと見極めて、前に踏み込む勇気を忘れないように仕事に取り組んでいけば、それはきっと相手の男性に誠意として届くのではないでしょうか。相手の男性はあなたに好印象を抱き、話してみたいと思ったうえでチャットをしているわけです。そこに気づけば、自然と緊張もほぐれていくはずです。

タイトルとURLをコピーしました