賃貸やマンションでチャットレディの仕事をする際の注意点

▼一番の問題は防音。自分たちの音だけでなく、周りの音も気にしたいところ

こういう仕事でなかったとしても、夜遅くに洗濯機を回したり、食べ物を焼いたりすれば迷惑になってしまうでしょう。友達を読んでの飲み会も悪くはないですが、度が過ぎれば隣人にとってはただの騒音です。
チャットレディをする際も、できるだけ音が立たないように対策をする必要があります。「私はそんなにでかい声出さないから大丈夫」という人もいるかもしれませんが、相手になる男性の方が大声を出す可能性もありますから、必要なことです。また、自分とお客さんの声は問題にならなくても、隣人の音がこちらに入ってくる可能性もあります。そうすれば、大半のお客さんはしらけてしまうでしょう。
かといって、通いのチャットレディ業者が用意しているブースや、録音スタジオのような防音室を作るのは個人には不可能です。できるだけ簡単な方法で、それに近い環境を作ってあげる必要があります。
例えば、簡単にできる一つの方法として、敷布団を用いるものがあります。部屋の壁とスピーカーとの間にマットを置く(もしくはマットで壁を覆う)などすると、防音性が一気に高まります。ある程度反発性が強いマットであれば音をかなり吸収してくれますから、カーテンなどで上手に隠して、背景として画面に入らないようにすれば、当面はこれで安全です。
防音についてはほかにも様々な方法がありますから、業者に相談してみるのも良いですし、自分で調べてみるのも良いでしょう。

▼ストーキングされる前に適切な情報対策を
chatlady_ws56

それ以外にしておきたい対策として、身バレ対策はあります。基本的には自分からプライバシーな話をしなければ相手に素性がばれることはありません。ですが、在宅(つまり自宅で)チャットをしている以上油断はできません。背景に入ってしまったちょっとした映像や、周囲の音・会話の中の微細な情報などから、あなたの住所や名前を割り出されてしまう可能性はゼロではないのです。お客さんとの会話の内容に気を付けるのはもちろんのこと、相手が「自分の素性を探ろうとしている」と少しでも感じたら、業者のスタッフさんに相談してみることです。特に初心者の場合、疑念が湧いても確信をもって判断することが難しいでしょうから、控えめにならず、不安に思ったことは積極的に確認を取るのが重要です。一度ばれてしまいますとその人にストーキングされるかもしれませんし、そうなると何をされるかわかりません。手遅れになる前に、そういった危険の芽は摘んでいくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました